前へ
次へ

インプラント治療のメリットとデメリット

歯を失った場合の治療法としてはインプラント、入れ歯、ブリッジが考えられます。
いずれの方法にもメリットとデメリットがあります。
その中で、インプラントについて、そのメリットとデメリットを考えてみます。
まず、メリットです。
第一に、健康な歯を削らずに済むことが挙げられます。
一般的にインプラントは独立して埋め込みますので、ブリッジのように歯を削る必要がありません。
第二には、自分の歯のような感覚で食事ができることです。
このことは、力強く噛むことを意味します。
噛むと言う行動は脳を活性化し、筋肉を使うことができ、健康的な生活ができることを意味します。
また、見た目が入れ歯やブリッジより自然だと言えます。
次にデメリットです。
保険がきかないことが最大のデメリットと言えます。
保険適用のブリッジや入れ歯に比べると相当高額な出費となります。
また、手術が必要になることもデメリットと言えます。
一般的に手術は身体に大きなダメージを与えることになります。
そのうえ、治療期間が長期間に亘ります。
これはインプラントを口内に馴染ませるための時間です。
この様なことを踏まえて、治療方法を良く医師と相談する必用があるでしょう。

Page Top